So-net無料ブログ作成
検索選択
芝居・映画・本 ブログトップ
前の5件 | -

あかいくらやみ [芝居・映画・本]

阿佐ヶ谷スパイダース「あかいくらやみ」観劇。

最初、まじめくさって観始めたけど、いやいやそんなこともないようだと気づいてから、リラックスして楽しんだ。

未来や希望についての話…と思ったがどうなのか。まあ見方はひとそれぞれだし。

長塚さん雰囲気変わったかな。昨年あたりを全然観てないのが今更くやしい。<自業自得。

パンフによれば結構長い稽古期間だったらしいけど、その割にはこなれていないと言うか、役者さんたちにすこし荒っぽいところを感じた。
熱が入って地に足がついてない…というよりは消化不足なような…。空回りというか…。
熱心でないわけではなく、面白かったことには変わりないけど。

舞台また観に行くようにしよう。

やっぱり野田地図サイコーです。 [芝居・映画・本]

野田地図の「ザ・キャラクター」@東京芸術劇場を観てきました。

http://www.nodamap.com/productions/thecharacter/

やっぱり野田さん最高です! 大好き。
野田さんと長塚さんが、私のなかでは両横綱です。

野田さんの舞台からは、舞台らしさを感じます。
肉体を使って、ただ一回の板の上でひとができる表現をぎゅっと詰め込んでる。
それからいつもノックアウトされてしまうのは、言葉の扱い。
むかしから言葉を自在に操るような表現には弱いのですが、野田さんは格別です。

ほんとうに良かった。堪能しました。
わりと長く公演しているので、ぜひ観に行ってください。
夏休みは学生さん向けに学割もあるようなので、学生さんもぜひ。
むしろ、学生さんとかに見てもらいたいかも。

以下ネタバレ。

以下ネタバレ。


シャーロック・ホームズ [芝居・映画・本]

シャーロックホームズを観てきました。

友人がツイットしてましたが、"ホームズダイハード"。まさに。
ちゃんと?、エンドロールでも断ってましたしね。
ドイル氏のホームズからアイディアを得たものです、ってね。
なので、切り離して考えれば、ふつーに面白かったです。

ホームズは武闘派なんだけど、のっけからちゃんと、闘うにも頭使ってまっせ、て頭の回転速いところを見せたり工夫してました。
ダビンチコード的なネタで、荒唐無稽なサスペンスホラーになるかと思いきや、種明かしもキッチリ。
ホームズのワトソン大好きっぷりは、友達取られたくないこどもみたいで微笑ましい。

しかしですね。
途中からあきらかに続編狙いな展開やエピソードを入れはじめたのはいかがなものか。
その辺で若干興ざめ。
もう少し単体としてまとめてくれればよかったのになー。

ジュードロウやロバートダウニーJrがお好きな傍や、19世紀くらいのロンドン描写に浸りたい方には映画館オススメしますが、それ以外の方はDVDでよろしいのではないかと思います。

ゴールデンスランバー!! [芝居・映画・本]

友人とゴールデンスランバー観てきました。
堺雅人さん主演で興味はあったのですが、余りに忙しく時間がなくて、諦めかけていたのを、伊坂ファンの友人に急かされて突撃。

いや~、観てよかった!!
面白かった!! 大好きな感じ(^ ^)
エンタテイメント作品としてよく仕上がってます。
原作読んでないので、どの程度アレンジされているのか解らないけど。
原作も読みたくなったのでした。

以下ネタバレ。


カバー [芝居・映画・本]

??.jpg



昨日ちょいと出かけまして、合間に丸の内の丸善に寄りました。

ひさびさの都会の本屋はでかかった…!

以前読んで面白かった本の続篇を発見して購入。

そしたら書店員さんがかけてくれたカバーがトムハンクス
背表紙にあたる部分もちゃんと天使と悪魔のロゴが。

天使と悪魔を買ったみたいよね。
宣伝もいろいろあるなあ、とちょっぴり感心。
前の5件 | - 芝居・映画・本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。